ごあいさつ

何かを残せ!何かを作れ!何も成し遂げずに、何の為の人生か

グローバル化が叫ばれる今日。
特にアジアへの日系企業の進出は目を見張るものがあります。

又、昨今では企業の海外進出だけでなく、リタイア後の生活を海外でと考えられる方、海外留学を考えられる若い世代の方など様々な方々が海外と関わり、海外での生活を経験されるようになって参りました。

私たちクラウンライン グループは海外引越事業のパイオニアとしてアジアに根を生やして35年となります。

シンガポールから始まった私共のネットワークは、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、アラブ首長国連邦、ベトナム、インド、台湾、アメリカと広がり現在ではグループ全体で11ヵ国にて事業を行うに至りました。

これもひとえにお客様から信頼を頂き、お客様に支えられ、お客様からのご指導を頂いてきたからこそで御座います。

この場をお借りして改めまして厚く御礼申し上げます。

会社創立以来、海外引越事業に留まらず "海外への赴任から帰国まで" という海外生活において必要とされる様々なサービスの提供を考えてまいりました。

これからも、海外生活をもっと快適に、もっと楽しく、そしてもっと豊かにをモットーにアジアから世界へ地球規模でサービスのネットワークを広げ、海外に在住される日本人の皆様に最高の「便利」と「快適」そして「安全」を提供して参ります。

歴史上の人物の言葉であります

『何かを残せ!何かを作れ!何も成し遂げずに、何の為の人生か』

を合言葉にクラウンライン・グループは、すべての場面で、すべての関わる方々に、日本と世界を繋ぐ事業を創造し、ボーダレスな人の流れを創出していく企業として前進し続けて参ります。

クラウンライン 会長 森 幹雄
To Pagetop